Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

介護施設に勤めていたときのこと

LINEで送る
Pocket

作画: うめたま堂さん

介護施設に勤めていたときのこと。
夜勤中、最低限の明かりだけ点けて、
薄暗い部屋でオムツ交換をしていました。
すると、いきなり何かに足首を掴まれて
思わず「ぎゃーー!」と悲鳴をあげてしまった。
ゾンビかと思ったら、
正体は足腰が弱くて這いずり回って徘徊するお婆ちゃんだった。
驚いて蹴りを入れなくて良かった…。

コメントを残す

*