Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

小学生のころ、良く親父のゴルフの打ちっぱなしについて行ってた。

LINEで送る
Pocket

作画:乃樹愛さん

小学生のころ、良く親父のゴルフの打ちっぱなしについて行ってた。

別にゴルフに興味があった訳じゃなくて、いつも親父がジュースを買ってくれるから行ってた。

でも親父は俺がゴルフに興味あると思ったみたいで「打ってみるか?」なんて笑顔で言ってきた。

何となく断るのも申し訳なくて、親父が横から指導してくれながら一球目の玉を打った。

俺の記念すべき初ショットは親父の股間の玉だった。

コメントを残す

*